オフィス立地が会社に与える影響

rise

こんばんは。
ココザス安藤義人です。

最近、イマイチ体調が優れなかったので、
まずはお金を掛けずに改善できることとして、
はじめて睡眠計測アプリデビューしてみました。

人間の脳ってスゴいななぁとつくづく思うのが、
睡眠計測アプリ初日にいきなりアラーム無しで早朝に目がさめたのです。

睡眠の質が良くないと思って始めた取り組みなのですが、
初日から大した時間寝ていないのにスッキリ起きれるという・・・
私の脳は本当に単純でございます。

さて、そんなことで本日は休息日だったのですが、
朝早く起きてしまったので、
早朝から何故かK-1MAX時代の魔娑斗選手の動画をひたすらウォッチし、
モチベーションを高めてから美容室へ。

前回の記事にも書きましたが、
自分の中で定点観測のポイントを非常に大事にしておりまして、
私の中では45日に一度の美容室も大事な心のメンテナンスであります。

45日に一度、必ず顔を出す
という行動を14年ほど続けているのって美容室以外にない気がしますね。

常に挑戦し続ける生き方をしている方には
こういった月単位のルーティーンを設けることをオススメします。

 

本題

長々と余計なことを書いてしまいましたが、本題へ。

本日、次のオフィス移転候補の街をウォッチしてきました。
まだ本格的に探しているわけではありませんが、現状の第一候補は東急田園都市線の二子玉川駅のあたりです。

二子玉川ライズは、実は私が建築の仕事をしていた末期の頃に工事に携わった場所でもあります。

当時は高島屋とつばめグリル?しか印象に残っていませんが、
しばらく来ないうちに大分街並みが変わっていました。

 

▼手前に見えるのが、楽天クリムゾンハウス
IMG_0865 (1)

▼角度を変えるとこんな感じ
IMG_0868

▼二子玉川公園の「眺望広場」側から
IMG_0866 (1)

▼多摩川沿いは「岸辺の散策路」というらしい
IMG_0867 (1)

総論として、まぁまぁ良いかな?という感じ。
しかし、多摩川沿いのオフィスでないと何とも中途半端になりそうな印象。

 

オフィスの立地選びは経営者の重要な仕事

都会のイケてるベンチャー感はもう疲れた私にとって、
次の移転先探しは結構難しい仕事になりそうです。

ココザス独特の社風を熟成し、完全に根付かせる為には
オフィスの立地環境が鍵を握っていると思うからです。

むしろ、次のオフィス環境によってココザスという会社の性格が決まるとまで思っています。

これ、意外に重要な点ですが、ほとんどの経営者が軽視している気がしてなりません。

私感ですが、株式会社日本リクルートセンター(現在のリクルート)は
当時立てた自社ビルの場所が銀座だったから、
勢いある若者が多く入社し、あの社風を作ったように感じます。

自分たちが創り出したい世界観にマッチした街、
そして事業内容にもよりますが、都心部からのアクセスの良さ。

そして、予算や物件自体のキャパシティ。

これら複合的な要件を加味した上で、
自社の移転タイミングに合わせて空きがでるかどうか、
という非常に難しい仕事です。。。

まぁ、焦らずにじっくり熟考していくつもりです。
これから、毎週末新しい街を散歩している気がする。笑

 

編集後記

前回の記事で書いたように、最近先のことばかり考えております。

今朝も早朝からPCに向き合ってひたすら3時間ほど、
第3期の予算計画を作っていました。

冒頭で記したように、私の脳は単純でして、、、
強い問題意識を感じるとその晩に関連する夢を見たり、
欲しいと願っている結果は必ず手に入るようにできています。

未来の明確なイメージを立てつつ、
目先の業務をしっかりと遂行していきます。

本日はこのへんで。